好きな写真集

白糸の滝

Ko1


| | コメント (0)

小湊鉄道

K1


| | コメント (0)

渓流

Iz15_2


| | コメント (0)

青海川駅

Oumi21


Oumi27


| | コメント (0)

トイレではありません 越後湯沢駅

Oumi46


| | コメント (0)

荒川工場夜景

Mm10


| | コメント (4)

富士日の出

Fuji53

Fuji54

Fuji532_2

| | コメント (0)

富士山登って ~夜景~

宿に着いたのが16時か17時ぐらい。結構いいペースでここまできたもんだ。
8時40分にスタートしたわけだから、えーっと何時間歩いたんだ?
よく歩いたんだ。


さて、宿に着いた。
山小屋の人は何というかその…まあここで書くのはやめておこう。
とりあえず、宿泊客は俺達2人ともう2人の4人だ。
そしてその内一人が朝電車で一緒だった彼。
「朝いましたよね?」的会話から始まり、どこでなにやってる人とか、
登山経験どんなんですかみたいな話をした。
もう一人の男性は、中国人。日本語まあまあ話せる人だったが、
この人かなりテキトーだ。

まず、前日の夜中に富士山登ろうと決意。
リュックに詰めたものは、家にあったお菓子と納豆。そして納豆巻き。
納豆巻きを食べて、その後パックの納豆を食べている人を初めて見た。
しかもお菓子分けてくれるし。
また、奥さんから焼印してと頼まれていた杖を、バス車内に置き忘れてきたらしい。
その杖、以前も登った時に焼き印してもらってたやつで、
奥さんは今年の焼印をしてくれと頼んだ大事なものである。
それをこの人「あー、忘れてきたね」
の一言で終了。
日の出一緒に見に行くか話していた時、彼は懐中電灯持っていないのだが、
「大丈夫、いけるでしょー」と、かなりポジティブ思考。
それを山小屋スタッフや登山経験のある電車の彼が、山なめるなと説教。
なかなかおもしろい人だった。

結局、中国人の彼は頂上での日の出は諦め、宿から見ることに。
就寝は19時半、起床は深夜0時。
就寝前に彼が、「勝手に行かないでね」と甘えていた。

深夜0時。
中国人の彼に別れを告げ、3人で頂上目指す。
山小屋の人に「早く準備して出て行ってくれ」的な扱いを受け、
そそくさと山小屋を出た。


寒い!


Fuji47

| | コメント (0)

富士山登って ~雲の上から~

Fuji40


Fuji42

| | コメント (0)

廃屋2

Fuji30


| | コメント (0)

より以前の記事一覧