« ダイ エット? | トップページ | ギリギリ不健康 »

人間性を捧げ絶望をくべる王

ひょんなことからプレステ5を手に入れた。

2020年の発売以来ずっと品薄が続き、

プレミアがつくほどの値打ちが出ているプレステ5。

 

きっかけは会社の人とゲームの話をしている時のこと。

近くで聞いていた別のスタッフがふと、

「ゲームするんですか?」と話しかけてきた。

 

何を隠そう、小中高大とゲーム三昧の青春と言っても過言ではないぐらいゲームと一緒に育った自分である。

ちなみに初めて買ってもらったのは初代ゲームボーイ。

「スーパーマリオ」「カービィ」「カエルのために鐘がなる」「ゼルダの伝説 夢を見る島」などやり込んだ。

特に、ゼルダは画面端でセレクトボタンを連打しながら画面切り替えると普通は行けない場所に行ける裏技が当時流行っており、

大技林などを立ち読みして裏技を覚えていた思い出。

小学校高学年で買ってもらえたスーファミでは「ドラクエ6」、

攻略本に載っているバーバラのえっちな下着のイラストにドキドキしていました、どうもありがとうございました。

中学では初代プレステ、「ビヨンドザビヨンド」から「モンスターファーム」、CDを片っ端から読み込んでたなぁ。

その後「FF7」「FFタクティクス」「ベイグラントストーリー」など基本RPGばかりやっていた。

一人っ子でコントローラーも一つしかなかったので、

いつしかRPGしかできない体質に。

大学で一人暮らしになってからは、彼女を落とすのではなく単位を落とすぐらいゲームにはまっていたというかゲームしかしてない気がする。

特に「テイルズオブデスティニー2」では難易度マニアのバルバトスとの戦闘にドハマりし、

後の死にゲーに通ずる難易度に興味を持ち始めた。

そして社会人となり、ひょんなことからプレステ3を貰い、

「ダークソウル」に人間性を捧げ、100時間近くプレイ。

「ダークソウル2」では絶望をくべ始めたのだが、プレステ3の処理動作がおかしく、

消化不良のままダークソウル3など様々なゲーム実況動画で満足していたが、

2022年「エルデンリング」が発売され、ゲーム熱が沸々。

ただプレステ5持っておらず、しかも今は子持ち。

やる時間もやれる気力もない、こうやってゲームから離れていくんだな、

なんて思っていた

 

「もし良かったらプレステ5要ります?」

 

なんと!

んなんと!

 

「欲しい!」

即答でした。

 

その方、どうもゲームしないけど懸賞で当たって押し入れに眠っていたらしく、

邪魔だなぁと思っていたとのこと。

しかも対価を求められることもなく、

いやいや、こちらもタダで貰うわけにもいかず、

結局、ハンバーグが好きというので、

何か美味しいハンバーグを送ることに。

 

ハンバーグ=プレステ5というどうにも釣り合わない天秤がぴったり水平になるハンバーグなんて、

どんなハンバーグ?手作り?

 

とりあえず、手に入れたその日にエルデンリングを買い、

今からセッティング。

もうワクワクが止まらない、まるでアマゾンのCM。

今年は病気だとか会社に嫌気差してもう辞めようと思うほどの前半戦が、

そんなの吹っ飛ぶぐらい今一番嬉しい。

 

「エルデンリング」のキャッチコピー

”王となれ”

 

なりますとも!

Ps5

|

« ダイ エット? | トップページ | ギリギリ不健康 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダイ エット? | トップページ | ギリギリ不健康 »