« ミステリーツアー海外編 ーミッションインポッシブルー | トップページ | ミステリーツアー海外編3 -11年越しの初対面- »

ミステリーツアー海外編2 -要は値切ればいいんでしょう?-

降り立ったシェムリアップ空港は、小雨。

宿は、宿はどこだ?

企画者のダイゴ曰く
「空港にプラカード持った人いるから大丈夫」

情報はそれだけだった。
しかも出国ゲートのおっちゃんが鬼のように遅い人で、
予定より30分以上遅れた。
やっとの思いで外に出ると、いきなり、「トゥクトゥク?」と聞かれまくる。

不安になりながらも、カードを持ってるはずの人を探すも、

俺の名は?

同じところをグルグル歩き回り、ちょっと離れたところに、
カードを持ったおっさんを発見。

よく見ると、

俺の名だ!

近寄って話しかけると、遅いねんと言いたげに何やら怒り気味。
それよりも安心して嬉しくてたまらない。

さっそくおっちゃんの後についていくも、
いきなり、明日の予定は?アンコールワット行くなら15ドルだと営業開始。

まず、このカンボジア。
後々分かったが、とにかく値段が決まっていない。
トゥクトゥクは原付に人力車みたいなのを付けたタクシーだが、
地球の歩き方2004年度版では、1km1ドル程だそう。
その他、金額が書いていないことが多く、
その場合は大体適当な値段を言われ、交渉して安くするスタイル。
なんだか仕事みたいやな…

ただ、その仕組みさえわかれば
要は値切りまくればええ話で、
まけてもらえなくとも、
価格以上のことをしてもらえればいいのだ。

また、カンボジア通貨はリエルだが、米ドルが流通しており、
観光地なので英語が結構通じる。
ペラペラではないにしろ、何となくはわかるので、
とりあえずYESと言っとけば何とかなるだろう。

ちなみに、1リエル=0.02円、1ドル=4000リエル
500mlの水が大体0.5ドルだったので、
物価としてはまぁ日本の半分以下ぐらいの感覚だった。
まぁ値切ればいいんでしょう。

ともあれ、現地通貨がない自分としては、
日本円とクレジットのみ。

おっちゃんに宿まで乗せてもらい、なすがまま9時に待ち合わせとなった。

宿は、リゾートホテルらしく、なぜかツインベッド。
その額47.95ドル、約5400円だ。

部屋でWiFiが取れたので、翌日の宿をブッキング、
10ドルのゲストハウス。
これで明日の宿も取れ、安心して就寝。


翌日チェックアウトし、
ちょっと散歩して、
トゥクトゥクのおっちゃんと合流。
早速値切り交渉するも頑として断られたので、

15ドルで
市内で両替屋巡り
翌日の宿のチェックイン
アンコールワット観光
アンコールトム観光
写真の子探し

これをお願いしてOKもらう。
後々宿で地図で確認したら、15㎞以上だった上、
ほぼ1日付き合ってくれたので、まぁ値段以上で満足である。

そして、まず銀行開いてない。

今日は12月31日日曜日
銀行やってない。
おっちゃんも数件回ってくれたが、どこも開いておらず、
最終手段なのか、街の両替商に連れて行ってもらい、
1万円両替して、87ドルの現金を手に入れた。

そう、そしてこの87ドル+お年玉の10ドル、
締めて97ドルがこの旅の軍資金となった。

そしてアンコールワットへ向かう…


軍資金:97ドル
宿代(2泊分):-20ドル
レッドブル+ライター:-1ドル

所持金:76ドル


至るところにお坊さんがいた、あのオレンジ色の傘はどこで売ってるんだろう
7

バルブもげたチューブ修理、もげたバルブの移植という荒業を行っていた。
自転車屋さんがみたら卒倒しそうな修理内容
8

11

2泊したバンガオゲストハウス、とってもやさしい宿の人
9

レッドブルinカンボジア
10


|

« ミステリーツアー海外編 ーミッションインポッシブルー | トップページ | ミステリーツアー海外編3 -11年越しの初対面- »

小旅行」カテゴリの記事

コメント

自転車のバルブ移植が凄いな。
カンボジアの自転車は日本のお下がり(ママチャリ)ばかりだったので、英式バルブから米式バルブへの移植と思われる。
と、言うことはこの後、リムの加工も必要になるなこれ(笑)
すげー。

ちなみに11年前のパンク修理では、ゴムパッチではなくカエルの皮を使いよんを見て驚いたことがある。
やっぱりチャリダーは旅先でも、自転車屋さんが気になるのは同じやな。

投稿: タクロー | 2018.01.05 22:30

タクローさん
カエルの皮を使うてすごいですね(笑
オーストラリアではゴム糊は乾かさずにすぐにパッチを貼って、叩きまくれと教えられましたが、いざ仕事でそれやるとめちゃくちゃ怒られました(笑

投稿: かっぱ | 2018.01.07 01:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミステリーツアー海外編 ーミッションインポッシブルー | トップページ | ミステリーツアー海外編3 -11年越しの初対面- »